ホーム > 便秘 > 妊婦の便秘予防法

妊婦の便秘予防法

妊婦さんの場合、つわりで食欲がなくなって食事が思うようにとれず、便秘がちになる方が多くみられます。一度、便秘になってしまうと、便が硬くなり、いきむのが怖くなって、さらに便が硬くなってしまうという悪循環を起こしてしまうこともあります。

こうした状態になる前に、便秘予防対策を行うことで、お通じのリズムを整えることが望まれます。

便秘予防に効果的とされるのが、軽い体操です。妊婦さんの場合、お腹を圧迫したり、うつぶせになる姿勢は避けた方が良いのですが、ゆっくりと大きく全身を動かすことで、血流が改善し、腸の動きも活発になります。お腹のハリを感じない程度に、毎日の習慣とすることをおすすめします。

また、食欲がない妊婦さんでも、水分はしっかり摂ると便秘予防になります。特に、朝起きたときに、コップ一杯の水をゆっくり飲むと、腸の活動を促すといわれています。摂取する際に気を付けたいのが、カフェインが多く含まれているものは、控えめにするということです。カフェインには利尿作用があるため、取りすぎると逆に体の脱水が進んでしまうこともあります。

また、便秘に効果があるといわれる食べ物もあります。ヨーグルトのような発酵食品は、腸内の菌の状態を整える効果が期待できます。

また、食物繊維が多く含まれるキノコ類やゴボウ、バナナなどもおすすめです。食べ物日記をつけると、食べたものとお通じの関係が分かることもありますので、試してみてはいかがでしょう。妊娠 便秘 オリゴ糖